2014年10月 のアーカイブ | リスニングパワー~英語が苦手な人へ~

リスニングパワーの内容について(7)

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

 
 
「2つの間違えやすい単語」を聞き分けられるようになるドリル

下記の「work」と「walk」のように、日本人が間違えやすい音にフォーカスして、何度も2つの似た単語を交互に繰り返しネイティブの先生が発音します。

Work 働く,Walk 歩く,OR対AL

Read 読む,Lead 導く,R対L

Thing 物,Sing 歌う,Th対S

River 川,Liver 肝臓,R対L

Cat 猫,Cut 切る,Ah対Ua

Boat 働く,Bought (buy の過去形),Oh対Au

It それ,Eat 食べる,ii対e

Woman 働く,Women (womanの)複数形,Wo対wih

最初は、2つの単語が同じように聞こえるようかもしれませんが、何度も繰り返し聞くことで、2つの単語をはっきりと聞き分けられるようになります。

2つの単語は、間違えやすい2つの母音や子音の音を含んでいるので、

下記の単語に限らず、他の単語でも英語の音の違いを聞き取れるようになります。

聞き取れる周波数の「トーン」の音域をあげてくドリル

ここでは、英語の音ではなく、今までに聞いたことがないような聞き慣れない周波数の音のみが聞こえてきます。

下記の図の通り、日本語の周波数に比べて、英語の周波数の方が音域の範囲がずっと高いです。

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

このセクションの目的は、周波数のトーンを徐々に上げていくことで、

あなたの聞き取れる周波数の音域を上げて行くことです。

「日本語英語」を矯正するトレーニング

このセクションでは、まずコテコテの日本語英語を聞き、そのすぐ後にスコット先生の英語を聞きます。

このセクションの目的は、日本語英語と、アメリカ英語を聞き比べることです。

その際に、アメリカ英語の方に集中してください。

スコット先生が話す英語の音の方がよく伸びて、次の単語とつながっている事に気をつけて聞いてください。

下記の例文を、日本語英語と、アメリカ英語で聞き比べます。

1. I like to play tennis or golf on the weekend.
(週末にテニスかゴルフをするのが好きです。)
2. I have been to American three times and I will go again next year.
(アメリカに3回行った事があります、そしてもう一度来年に行くつもりです。)
3. My birthday is in September.
(私の誕生日は9月です。)
4. Can you repeat your last name for me?
(もう一度、上のお名前(姓)を繰り返していただけますか?)
5. EST is very useful and will help me with my English.
(ESTはとても役に立ち、そして私の英語の助けになるでしょう。)

このトレーニングは、即効性があり、効果的なのでスコット先生の発音矯正のプライベートレッスンでも最初の頃に行っています。

カタカナ発音を矯正するのに効果的で、自分の日本語英語に気が付き、自分の英語をアメリカ英語に矯正できる有効なトレーニングです。

このセクションを何度も聞いている内に、日本語英語と、アメリカ英語の違いがはっきりとわかるようになります。
 
 
>>リスニングパワー公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

リスニングパワー~英語が苦手な人へ~ TOP » 2014年10月 のアーカイブ