リスニングパワー英語について | リスニングパワー~英語が苦手な人へ~

リスニングパワー 英語について(2)

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

 
 
【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

リスニングパワーで収録されている周波数はサウンドエンジニアや科学者の協力により開発された特別なソフトウェアを用いることで、ただ聴くだけで日本人が英語を聞き取れるようになる周波数エリアを特定しました。

リスニングパワーは、それらを効率よく学習できる音声教材としてまとめ上げることに成功した唯一の英語学習プログラムです。

短期間繰り返しリスニングパワーを聴くと、子供のころから眠っていたヒアリング能力が目覚めます。

周波数解析ソフトが算出した日本人が英語を聞き取れるようになる周波数は、特許出願中(出願番号2012-232119 )です。

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

リスニングパワーは、日本人の聴解範囲を広げるために、さまざまな英語特有の発音に焦点を当てています。

英語に存在し日本語には存在しない10の母音と、速く話すときに生まれるさまざまな発音を重視。

リスニングパワーを聞くことで、普段日本語の音に慣れている日本人の耳を、2週間で集中的に鍛え、英語耳にすることが可能です。

30日間、リスニングパワーを聞き流すだけでも、今まで聞こえなかった英語の音が、耳に入ってくる感覚を体感することでしょう。

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」
 
 
>>リスニングパワー公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

リスニングパワー 英語について(1)

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

 
 
【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

人間は、生まれてから3才くらいまでは全ての音を聞き取ることができ、4才を過ぎてからもまだ全ての音を聞き分けることができますが、言語に敏感な4才から11才までの間に育った環境で言語への適応能力が決まってしまうと言われています。

そして、12才を過ぎてしまってからは、英語をいくら聞いても日本語の似ている音に置き換えてしまうようになります。

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

実は、アメリカ人言語学者のスコット・ペリー先生が今までの常識をくつがえしました。

スコット先生は、日本人に15年間、英語を教えながら、常にどうすれば日本人が、日本語にない英語の音を聞き取れるかということを研究してきました。

そして、他の言語学者、医学博士、語学講師、サウンドエンジニアなどの科学者たちのグループの協力を得て、リスニングパワーというネイティブ耳育成プログラムを開発しました。

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

英語と日本語では周波数が異なります。

日本語の周波数は、英語に比べて低く、世界の中でも一番低い周波数の部類に入ります。

その一方、英語の周波数は、世界でもっとも高いのです。

日本語の最高周波数が1500ヘルツであるのに対し、英語の最低周波数は、最低でも2000ヘルツなので、周波数に関しては、日本語と英語では交わるところがありません。

ヨーロッパ人など他の民族に比べて日本人が英語に弱い理由は日本語の周波数にあったのです。

【効果倍増ボキャパワー付き】英語バイリンガル育成プログラム「リスニングパワー」

普段、日本語の周波数に慣れている日本人は、周波数の異なる英語を聞いても、英語本来の音を聞き取ることができず、日本語に近い音に置き換えて理解してしまうのです。
 
 
>>リスニングパワー公式サイトはこちらから
 
 
 
 
 

リスニングパワー~英語が苦手な人へ~ TOP » リスニングパワー英語について